network solution

MRSでは企業様に向けて、コスト削減や快適なオフィス提案を行います。その中でもより企業・事業にとって大切なのは一定レベルのセキュリティ対策とその継続であり、企業様の情報管理・および脅威の対策をサポートします。


MRS ではUTM の導入をサポート

UTMとはどういったもの?

UTMとは、複数の異なるセキュリティ機能を一つのハードウェアに統合し、集中的にネットワーク管理、つまり統合脅威管理(Unified Threat Management)を行うことです。様々な脆弱性を攻撃してくるワームやウイルスなど、企業ネットワークは新たな脅威にさらされています。この脅威に対抗するためには、ファイアウォールのみならず、IDS/IPSやアンチウィルス、アンチスパム、Webフィルタリングなどを駆使し、総合的なセキュリティ対策を施さなければなりません。しかし、複数の機能を導入・管理していくには、手間もコストも積み重なります。そこで、これらのセキュリティ機能を集約したのがUTMです。このような複合的なセキュリティ対策をゲートウェイに施すことによって、管理・運用負荷の低減とネットワーク脅威管理の一元化を実現します。

img_network_1



インターネットに潜む脅威をUTMでがっちりセキュリティ対策

UTMであれば、スパムメール、ウィルス・マルウェア、不正侵入、DoS攻撃、これらの脅威から1代で防御!

社内のセキュリティ向上のためにサーバーのウイルス対策、スパムメールフィルタ、Webフィルタとバラバラセキュリティ対策をしていくよりは、UTM1台を導入したほうが遥かに低コストで済みます。


ファイヤーウォールとの違いを噛み砕いて説明

ファイヤーウォールは、「<社内>さん、どんな通信を遮断しとけばいいでしょうか?」という自分で考えるという概念の無いセキュリティです。つまり許可としていた通信に悪意のあるウイルスが乗ってきた場合はファイヤーウォールは気づくこと無く通過させてしまいます。一方UTMは、「怪しい情報をすべて見抜きますので、実績は全て報告します。」という優秀なセキュリティです。




UTMの主な機能

SPI型ファイアウォール
かつてのファイヤーウォールよりも臨機応変に考えて対応するファイヤーウォール
IPS(侵入防御システム)
ファイヤーウォールでは判断出来なかった未知の不正通信を遮断する
ウイルス対策
Lウイルスが存在する通信を遮断
スパム対策
スパムメールを排除、もしくはスパムという札を付けて通過させる。
スパイウェア対策
ウイルスとしては検知されないソフトウェア等を排除
コンテンツ・フィルタリング
一定のルールに則ってインターネットの閲覧を制限する。
VPN
社外から安全に社内LANを使用出来るようにする。


セキュリティの弱いOSも安心・メンテナンスが楽

各種アップデートも自動で行われるので、UTMベンダーとの保守サポートさえ継続しておけば、ノーメンテナンスで高いセキュリティを保持できます。



コストの負担が小さい

UTMは各ベンダー(メーカー)から、ハイエンド・ミドルエンド・ローエンドとニーズに応じてさまざまな価格帯の製品が提供されています。自社システムの規模や予算に応じて選べるため、コスト面での負担が小さいのもUTMのメリットといえます。これまで、さまざまなハードウェア・ソフトウェアを組み合わせて構築していたセキュリティシステムと比べると、初期導入に加え、運用管理にも大きなコスト削減を期待できるでしょう。

また新型ウィルスへの対応などのアップデートはネットワークを通じてベンダーから遠隔操作で自動的に行われるため、アップデートやバージョンアップのたびに対応工数が発生するといった問題もありません。


ウイルスソフト導入だけでは守れない!

セキュリティ対策の強化が企業に求められています。

今こそUTM導入が企業には必要になっています