株式会社MRSのアウトソーシング事業は、サービスレベルの向上や業務プロセスの変革を求め、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)を活用しています。ここでは、BPOについてご理解いただけるよう、BPO活用のメリットや導入事例などをご紹介し、企業様の参考にしていただければと思います。



BPO とは?


BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)とは自社の業務プロセスを外部企業に委託することをいいます。業務の一部、またはすべての業務を一括して外部に任せることで、委託側は自社のコア業務に専念することができます。また「餅は餅屋に」と言うように、専門企業に任せることで、業務の効率化、高品質化などが期待できます。

CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)


売上を上げて行くためには、浮遊(自らは動かない・決めることができない)層へのアプローチが重要であり、そこから見込み客を見つけ出します。
「見込み客の顧客化」、そして顧客を「優良顧客化」することが、サウザンドクレインの最も重視する顧客育成CRMです。商品・サービスの選択肢が多様化している今、電話・web・E-mail等、お客様一人ひとりに合った手段でコミュニケーションしていく。お客様と顧客(エンドユーザー)とのより良い関係の永続を目的として、サービスを行っていきます。


他の委託サービスとの違いは?


業務プロセスの企画・分析・設計から、必要なIT技術の導入、人材や設備の準備、プロセスの運用までをトータルで委託するのがBPOです。
コスト削減やボリューム対応等の目的だけではなく、外部企業の専門性を戦略的に利用することで、業務プロセスの付加価値向上が期待できます。


BPOのメリット


BPOサービスを利用することによって様々な効果が期待できます。

経営資源の集中

委託可能な業務を外部に任せてしまうことで、限られたリソースをよりコアな部分に集中させることができます。

業務の効率化

専門企業に蓄積されたノウハウの活用によってプロセスを最適化し、 効率的な業務運営を行います。

専門スキルの活用

専門的な知識やスキルを持つスタッフが業務を担当するので、法改正への対応や、最新のIT技術の導入などもスピーディに行うことができます。

コスト削減

業務の効率化やスケールメリットにより、コストダウンが期待できます。また、固定費の変動費化も可能となります。

業務継続性の確保

マニュアルを整備し、各業務プロセスを可視化することで、業務の継続性が確保されます。

セキュリティリスクの低減

ISMSやプライバシーマークの認証を取得しているBPOベンダーも多く、情報漏洩防止や災害対策として、適切なレベルのセキュリティが確保されます。



導入事例

クライアント様 :会員を多く抱えている大手コンテンツ会社様の場合
状況 :既存の顧客フォローに追われて、サービス解約阻止やリピーター化までの分析ができず、半ば放置状態。
要望 :リピーターを増やしたい。さらに業務フロー改善と、購入顧客・退会顧客に対してクロスセルを行いたい。

サービスの解約阻止


クライアント様のサービスを解約される際のインバウンド業務をMRSが請け負い、入電記録を作成。その記録をもとに解約傾向の分析や提案などを行い、クライアント様にフィードバックを行う。

サービスやキャンペーンを提案・展開


その情報をもとに、他の商材のクロスセルを行ったり、今後の販売スキームの改善などを提案し、クライアントをサポートする。

最小限のコストでより良い結果を「提案」から「展開」まで支え、アクションを請け負うことでニーズを発生させる!