1. HOME
  2. 事業案内
  3. System Solution
  4. 管理団体支援
  5. 監理団体が抱える問題点

System Solution

システムソリューション

管理団体支援

監理団体が抱える問題点

入管等各機関への提出書類が膨大で作業コストがかかる

従来のエクセル管理等では抜け漏れなどのヒューマンラーが多い

マニュアルが無く、業務継承が困難

各業務のスケジュール管理が非効率

作成したファイル数が膨大で保管が大変

新たな在留資格においてはノウハウが無い

就労者の生活サポート等、仕組み化しきれていない部分がある

監理団体の約半数は、まだエクセルやワード、
もしくは手書きで申請書類を作成しているのが現状です。
申請書類1枚に1ファイルといった形で作成する場合、
作成するファイル数は膨大な量となります。

作成時間が相当かかってしまうだけでなく、ファイル保存と管理も相当な労力を要します。​

加えて、団体ごとにオリジナルルールで運用している場合、作業員の業務継承が困難なため、
新たな外国人財の受け入れにおいても、急な人数増加に対応できなかったりという難点もあります。

​外国人の入国は年々増え続ける中、従来の管理方法では
対応に遅れをとってしまうという事態が予測されます。

だからこそ、わたしたちはクラウド型で一元管理できるソフトを開発し、
この問題を解決し、外国人財の受け入れを円滑にできるようにと考えました。